春の訪れを告げるケーキ | 松本市のケーキ屋 5HORN(ファイブホルン)【公式】
春の訪れを告げるケーキ
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 パティシエ兼ブロガー【たろう】です。 かなり暖かくなり、すっかり春らしくなってきましたね。 今回は春らしくキュートで、インスタ映えもしそうな、おススメのケーキが完成したので紹介させて頂きます。 4月9日から販売のメニュー『苺のフレジェ』です。 ここで「フレジェってなに?」という方のために説明させていただきます。 フランス語で「苺」、簡単に言うとフランス版のショートケーキです。日本でショートケーキをいえば、ふわふわのスポンジに、純白の生クリームで苺をサンドしたケーキですよね。 フランスではナッツの風味香るどっしりとした生地に、バター・カスタード・生クリームにキルシュ(さくらんぼのブランデー)をたっぷりと使い、苺をぎっしりと敷き詰めた満足感のあるケーキです。クリームが重くても、苺がたくさん入っているので、意外とあっさり食べられます。 もちろんお店によって、バターを使っていなかったり、ピスタチオが入ったりと様々ですが、そういった違いやこだわりを見つけるのが楽しみでもあります。   今回はそんなフランス版ショートケーキを5HORN流にアレンジしてみました。本来は3月の販売に間に合わせたかったのですが、こだわりを詰め込み過ぎ、美味しいけど量産できそうになかったり、言葉にするのは難しいですが5HORNらしくなかったり、何度も何度も試作を繰り返し、やっと販売できるように完成しました。   こだわりはなんといっても苺の量! このケーキ一台を作るのになんと40粒以上の苺を使っています。 ほのかにヘーゼルナッツの香りのするビスキュイに、「これでもか!」と苺を敷き詰め、練乳と生クリームを贅沢に使用したミルキーなムースをのせ、5HORN自慢のカスタードを使ったムースリーヌでサンドしています。 表面はフランボワーズにキルシュをきかせたグラサージュで綺麗な赤に。これで仕上がりでも十分ですが、ケーキの上にも苺を乗せないと5HORNらしくないと思い、更に苺を乗せちゃいました。 パルコでケーキを買って、そのまま松本城で桜を見ながらお茶なんていかがでしょうか。インスタ映え間違いないです。 ケーキのご予約はこちら   話しは変わりますが、只今パルコで大好評開催中の「アンガスビーフのプライムリブ」。 最近パティスリーのスタッフで話題になっていて、実際に食べに行ってきました。語彙力が無くて申し訳ないですが、それはもう本当に迫力のある、塊のお肉が出てきて驚きました。 それを迫力のあるシェフが目の前でカットしてくれるので、思わず写真を撮ってしまいました!脂身が苦手な方は脂の少ない部分を盛ってくれるので、気にすることなく食べれました。ソースも5種類もあるので味に飽きることなく、ペロリと平らげられます。 歓迎会や特別な日のディナー等にいかがでしょうか? アンガスビーフのプライムリブのご予約はこちらから ケーキバイキングの8日パルコで働きます。 是非気軽に声を掛けてください。【たろう】がお送りしました。