生キャラメル・抹茶のテリーヌ、ついに販売開始!!! | 松本市のケーキ屋 5HORN(ファイブホルン)【公式】
松本市のケーキ&スイーツ屋 5HORN(ファイブホルン)【公式】
どうも、もう最近ブログではすっかりおなじみ!【たろう】です。 ホワイトデーのお返しや自分用へのご褒美はもう決まりましたか? 先日のブログでも紹介させていただきましたが生キャラメルの予約はまだ空きがございます。 ご検討中の方はお早めに…もちろんケーキもオススメです! 生キャラメル・ケーキのご予約はこちら 既に先行予約のみで完売していますが、 本日9日から期間限定で販売中の『抹茶のショコラテリーヌ』について紹介します。 このテリーヌを作るきっかけになったのは、まず去年の夏にヴァローナ社のオレリスというブロンドショコラを食べたのがきっかけでした。今までのブロンドショコラにはなく、スモーキーで黒糖の風味が豊かな独特なチョコレートでした。 このチョコレートと抹茶でテリーヌを作ったらおいしいだろうな…と思い考えていましたが、なかなか高価なチョコレートなので製品化するとなると採算が合わせられそうになく断念していました。ところが東京での講習会で、ブロンドチョコレートが自分でも簡単に作れると知り、さっそくやってみたところ、求めていた味に近いものを作ることができました。   ここでブロンドチョコレートを知らない方のために説明させていただきます。 ホワイトチョコ・ミルクチョコ・ビターチョコに続く第4のチョコレートと呼ばれているもので、先ほども紹介したヴァローナ社がホワイトチョコレートを加熱しすぎてしまったことによりできたチョコレートです。つまり失敗から産まれた商品なんですが、なんと製品化するまでに7年のもの歳月を費やしたと言われています。 そのドゥルセというブロンドチョコレートはマイルドな甘みにビスケットのような香ばしさ、ほんのり香る塩味が特徴的です。最近ではスーパーでも少量で売っているので見かけたら、ぜひ購入してみてください。   この自分好みの味のブロンドチョコレートを、贅沢に使いコクと風味を豊かにし、食感が軽くならないように極力空気が入らないように作りました。 また湯煎焼きでギリギリの硬さで焼き上げることにより、しっとりとした滑らかなガナッシュのような口溶けに。抹茶も京都の「北川半兵衛商店」の高級宇治抹茶を使用し、香りが高く色鮮やかに仕上がっています。
パティシエになりまもなく7年目に突入いたしますが、このような自信を持って提供できる商品が開発でき本当によかったです。またこれからも抹茶のテリーヌ以上においしいスイーツを生み出していけるようにがんばりますので、5HORN共々、たろうもよろしくお願い致します。 今年予約できなかった方や、このブログを読んで気になった方は是非来年ご予約を! こちらのたろう考案のケーキも販売中なので是非☆ 今回は熱い想いが長文になってしまい、長々とすみませんでした。 昨日の夜、息子がおまるを使えるようになり感動中の【たろう】がお送りしました。