チョコレートとシェフとバレンタイン。 | 松本市のケーキ屋 5HORN(ファイブホルン)【公式】
松本市のケーキ&スイーツ屋 5HORN(ファイブホルン)【公式】
特別ブログ!ざわ、シェフにインタビュー!!お久しぶりです。【ざわ】です。 シェフにバレンタイン限定!ボンボンショコラの知られざるエピソードとこだわりを聞いてきました。5HORNのボンボンショコラを初めましての方も、お久しぶりの方にも必見です!カタログを見ながら読んでいただけるとわかりやすいと思います。

ボンボンショコラについて

まずは今年の新作5種について。テーマが決まっていたと言うよりは、好奇心とインスピレーションで作っていて、使用しているチョコレートは物によって異なり、フランス、イタリア、ベルギーなど色々な国のチョコレートを沢山試食し、合いそうな素材を見つけ組み合わせているとシェフは楽しそうに教えてくれました。

ボンボンと合わせて飲んで欲しいお酒も聞いてみました。

  • ②ヴァリエ:スコッチ
  • ③ポワール:辛口シャンパン
  • ④すぐり:赤ワインがシェフのオススメ
①ノーブル&⑤玄は比較的に何にでも合いますが、私個人のオススメの食べ時をご紹介します!それは、家事や仕事の合間です。疲れてリラックスしたいとき、①で疲れた心を包み、お姫様気分に浸ります。そのあと⑤にはわさびを使用しているので食べると覚醒して、もう少し頑張れます。 今年は過去3年分のアソートも販売しますが、その中でもシェフのスペシャリテはこちら。 【2015】「アリュール」ざくろとミュールのパートドフリュイにフランボワーズのガナッシュを合わせることで美しく妖艶な大人の色気を表現。 【2016】「蔵」酒粕、白味噌、白胡麻、日本酒を使用したシェフ初のジャパンテイスト。 【2017】「ヴァリエ」今年はこれから手に取ってほしい。食べれば伝わる挨拶代わりの一粒。 一年目は5HORN初のボンボンショコラということでインパクトを重視、2年目はシェフの持つ個性の強さを前面に。内容盛りだくさんの3年間。こちらは数量限定なのでお早めに。 すべてシェフ1人で作り上げるボンボンショコラ。手作業は想像以上に繊細で技量がないと作ることができません。また大変な手間がかかります。 ですが、こうして出来上がったショコラは、機械作業のものとは口どけと艶が違います。これがシェフのこだわりと私たち作り手にしか見れなかった裏側です。食べればわかるとざっくり言ってしまうと伝わりづらいかと思うのですが、一粒食べてもらえば伝わる自信があります! 今年のバレンタイン贈るも良し、ご褒美にも良し。運命の出会いここにあり! ◎バレンタイン商品はこちらからどうぞ 金曜日に行ったSPYAIRのライブレポートもしたかったのですが残念、お時間のようです。アンコールで聴いた感情ディスコードを頭の中で流しながらお別れです。以上、突撃!インタビュー、レポーターの【ざわ】でした。またの機会にお会いしましょう☆!